先日テレビを見ていましたら、子どもが食べ散らかす様子が映し出されていました。
うわ!うちと同じだわ!と思わず見入ってしまいました。
その時に、お洗濯の専門家という人が出演していました。
その方によると、うんちなどの落ちにくいシミには、もみ洗いとつけ置き洗いがおすすめだと言っておりました。
まず、固形物を取り除き粉状の洗濯粉をシミになっている部分にのせるのだそうです。
そしてぬるま湯につけながら、シミになった部分を重点的に揉んでいくのだそうです。
すると少しずつ汚れが浮きあがってシミが消えて行きました。
落ちにくい「シミ」には、温かいお湯でごしごしとこすり洗いをするというのがセオリーだそうです。
うちの娘もしょっちゅうカレーやらケチャップやらを服につけてしまうので、今度取り入れてみようと思いました。
なぜなら、その方が服を買い替えるよりもエコだしお金もかからないからです。
これからの時代はゴミを出さないようにする工夫が必要だと思いますし、「シミ」を落とすコツをわかっていれば、色々な場面でその知恵を生かせるような気がしました。